【ホクロ除去で切開手術】抜糸と経過1ヶ月

こんにちは。小心者の小波留です。

ホクロ除去の手術をして

ドキドキの抜糸から1ヶ月の経過

お話したいと思います。

 

抜糸までのドキドキの1週間

 

こちらは、術後すぐの写真です。

この頃は、讃岐うどんをもぐもぐするのがキツいくらい

口を開けたり、話すことすら

躊躇ってしまう状態でした。

話し方が、まさに腹話術みたいでしたよ。

 

 

 

 

24時間経ったら、ガッチリ固められたテープを取って

優しく石鹸で洗顔していいですよと指示されていて

顔を拭いたら、処方された軟膏をつけて

再度、テープを貼る様に言われました。

 

 

 

 

あまり、テープを付け替えるのは、

キズに刺激を与えてしまうので

週2〜3回程度にしてくださいと

ここ、ポイントです!

 

 

 

 

手術翌日、テープを撮った直後の写真がこちらです。

 

 

 

このガッチリ固められたテープを取る瞬間を

動画に撮りました。

ご覧になりたい方は、LINE@の登録をして下さい。

限定公開している動画のURLをお教えします。

 

 

 

 

さてさて本題に戻ります。

清潔を保ちながら、

乾燥させないことと紫外線にあてないように

軟膏を塗って、テープで固定

こんな感じで1週間を過ごし、抜糸しました。

 

 

 

 

テープは、医療用の特殊なテープです。

処方箋を扱っている大きな薬局なら

扱っていることが多い様です。

 

 

 

テープの上から化粧水をしても

しみ込む素材だそうです。

 

 

 

いよいよ抜糸!!

麻酔等はせずに、外科医の先生が

専用のハサミでチョキチョキで終わりです。

受診している時に、座りながら行うので

医療行為と言う感じではありませんでした。

 

 

 

なんと抜糸の時、医療費は保険適用で

たったの240円の負担でした。

 

 

 

糸を引っ張ると皮膚が引っ張られる感覚はあるものの

痛みは全くありませんでした。

 

抜糸から次の受診までの経過観察

 

抜糸から3日後

 

 

さらに1週間後...

 

 

抜糸から20日後

 

 

光の加減で赤みの見え方が違いますが

外科医の先生が言うには、

ダウンタイム3ヶ月から半年

半年くらい経つと赤みが消えるとのことでした。

 

 

 

 

今はまだ、傷跡はくっきりですね...

毎日テープを貼って過ごしています。

コロナでマスクがノーマルな日常なので

違和感なくマスクをして出かけられます。

 

 

 

 

あと、軟膏は塗らなくて良いとのことだったので

普通に市販のスキンケアをしています。

 

 

次の受診まであと1週間です。

普通に化粧して良くなる日はもう少し先かなぁ。

おすすめの記事