最新!POLAのAI肌診断 未来の肌が分かる

こんにちは。無料肌診断が好きな小波留です。
今日、POLAの肌診断を受けて来ました!!
この肌診断、めちゃめちゃ最新技術を搭載した
未来の肌をAIが予測するというもの
元々、POLAでは、個人個人の肌に合わせて
800種類以上の化粧品に調合をしていました。
そのため、肌診断もすごく時間がかかっていたそうです。
でも、今回登場した肌診断は、なんと数分で解析結果が出て来ます。
今日は、AI肌診断の体験談について報告したいと思います。

 

未来の肌の状態が予測できるというこの肌診断

どうやって、予測すると思いますか?

 

 

 

肌の悩みと言うと大きく、たるみ、しわ、くすみ、乾燥が

挙げられます。

 

 

 

これらの悩みを、肌の状態と顔の筋肉から推測するんです。

 

 

 

まずは、肌の状態  (。・_・)ノ

これは、他のお店でもよくある測定に仕方で

肌に直接、カメラ付きの機械を当てて、

水分量やキメなどを記録します。

 

 

もちろん、ファンデーションがついていると

正確に測れないため、測定する場所のファンデーションを

落としてから測定します。

 

 

 

次に顔の筋肉の動きです。

これこそが、今回初となるAIを使った技術で

筋肉の動きから、将来の状態を推測していくのです。

 

 

 

専用のカメラで動画を撮ります。

 

 

 

この時、顔の動きとして、

縦の動きと横の動きを撮ります。

 

 

 

縦の動きはこんな感じです。

無表情 → あ う あ う → 無表情

 

 

次に横の動きです。

無表情 → い う い う → 無表情

 

 

 

顔の筋肉が縦や横に動くのを録画するのですが

この動きから、顔の筋肉がどう動いているのか

筋肉の動きを読み取ります。

 

 

 

推測ですが、無表情の状態から

あ の口の動き

う の口の動き

い の口の動き

 

それぞれの表情筋の動きから

どれくらいの筋肉量なのかを予測しているものと思われます。

 

 

 

肌のたるみは、筋肉の衰えからくると言いますからね ヾ(;´▽`

 

 

 

これらの動きを統計から計算して

どのように将来の予測をしているのかは

POLAの知るところですが

私の診断結果はこんな感じになりました。

 

 

 

コンディションの部分が肌に直接当てた機械で測定した数値

 

 

ポテンシャルが、 AIが予想した数値となります。

 

 

 

5段階評価なので、結構満足です o(*⌒―⌒*)o

 

 

水分量が高い理由

 

私の肌の水分量が高いのには

心当たりがあります。

 

 

 

それは、毎日使っているスキンケア用品です。

 

 

 

私が使っているのは、肌を守るのではなく

肌を作ることを助けるスキンケアです。

 

 

 

そのため、多分ですが、同年代の人より

ターンオーバー(肌の生まれ変わり)の

周期が早いと思われます。

 

 

 

肌がどんどん作られるので、

新しい肌が常に上にあることになります。

 

 

 

赤ちゃんの肌がみずみずしいと感じるのは

まさに、肌のターンオーバーが早いからです。

赤ちゃんは、だいたい20日くらいの周期です。

 

 

 

美肌のポイントは肌のターンオーバーを早めることです。

 

 

オススメしたいスキンケアはたくさんありますが

それはまたの機会に紹介しますね。

 

 

外面美容と内面美容

 

常識となっていますが、

外面美容と内面美容、どちらの方が効果が表れやすいと思いますか?

 

 

 

これは、80%外面美容です。

 

 

さすが、美容部員の方は、ご存知なのでしょう。

 

 

普段使っているスキンケアや生活習慣の他に

サプリメントなどの服用についても

質問項目がありました。

 

 

 

今、化粧品業界でもそうですが

化粧品で肌を綺麗にすると言うのは限界があり

サプリメントも商品ラインナップに入れるメーカーもあります。

 

 

 

市販の商品は、肌を守る商品が多いです。

肌をつくるとなると、原価が一気に上がるため

芸能人を使っての広告をしている大手化粧品メーカーは

高単価の商品でない限り、大した成分は入っていません。

 

 

 

だから、高い化粧品に効果があるって思うのは

それは当たり前ですね。

安い商品に比べたら、成分が全然違いますから (´-ω-`;)ゞ

 

 

 

でも、もし同じお金をかけるのであれば

体を作る食べ物にお金をかけるのが正解です。

 

 

 

普段の食事から気をつけていれば

十分に栄養が摂れるので、バッチリです

 

 

 

でも、なかなか三食バランス良く食べる

と言うのは、至難の技です。

 

 

 

実際に、朝から、調理されたものを食べる家庭も

少ないでしょう。

 

 

 

共働き世帯も増えているので

和食を作る機会も減っていると思います。

 

 

 

和食は、出汁をとったり、手間暇がかかります。

もちろん、簡単なメニューもありますが

現代社会は、洋食が主流です。

 

 

 

どうしても、野菜が不足しがちだったり

それに伴い、ビタミンやミネラルが不足しがちです。

 

 

 

食事から摂れない栄養素は、

サプリメントや健康食品などから

効率的に摂取することは重要です。

 

 

 

どうせ購入するなら、医協のマークのついた

商品がオススメです。

 

 

 

医師が推奨すると言うマークですから

医食同源の理にかなっています。

 

 

 

私が摂取しているのは酵素です。

もし、興味があればこちらからどうぞ

 

 

おすすめの記事